IR Reports & News

2017年

  • 2017年5月 vol.1【Disclosure & IR(宝印刷株式会社】にて、弊社 岩田が、「さまざまな問題に直面しているIR活動〜期待されるマルティディスプリナリーなファンクション〜」を執筆いたしました。
  • 2017年4月20日号【旬刊経理情報(中央経済社)】にて、弊社 岩田が、「空売りファンドによる売り奨励レポートへの対応実務」のIRのパートを執筆いたしました。

2016年

  • 2016年8月号【証券アナリストジャーナル】にて、「中長期投資家を納得させるコーポレートガバナンス・コードのIR対応」(岩田宜子著/中央経済社)が、「証券アナリスト読書室」で、野村総合研究所の大崎貞和氏によって、紹介されました。
  • 2016年6月20日号【日経ビジネス】にて、「ストップ暴走社長」特集記事の冒頭に、弊社岩田のコメントが掲載されました。
  • 2016年4月14日【日本経済新聞】「セブン退任劇 企業統治に示唆」の記事にて、弊社高山へのインタビュー「社外取締役 生かす環境を」が掲載されました。
  • 2016年4月10日【日経ヴェリタス】「投資判断「強気」から相次ぐ引き下げ 〜海外勢「サラバ日本株」〜マイナス金利政策不評 企業業績も下振れ懸念」にて、弊社 岩田のコメントが掲載されました。
  • 2016年2月1日号【旬刊 経理情報】「新刊案内」におきまして、弊社 岩田の著書「コーポレートガバナンス・コードのIR対応」が、東京海上アセットマネジメント株式会社 代表取締役社長 大場昭義氏によって、推薦・紹介されました。
  • 2016年3月28日【日本経済新聞】「取締役会評価、二の足 企業統治指針、実施4割どまり 課題発見で成果も」の記事にて、弊社 高山のコメントが掲載されました。
  • 2016年2月23日【日経産業新聞】「取締役会 機能磨く契機に」の記事にて、弊社高山へのインタビューが掲載されました。
  • 2016年1月15日【日本経済新聞】「企業統治指針の適用から半年、「全項目を順守」1割強」の記事にて、「全て実施」という優等生を目指すより、自分の言葉で自社を説明することの方が大切という弊社 岩田のコメントが紹介されました。
  • 2016年1月4日【日本経済新聞】にて、弊社が信託銀行1社と提携することが掲載されました。

2015年

  • 2015年10月号【会計・監査ジャーナル】において、弊社高山が、一橋大学 伊藤邦雄教授、日本公認会計士協会 森公高会長 等と行った座談会『持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進に向けて』が、掲載されました。
  • 2015年9月5日【日本経済新聞】において、「取締役会の機能診断」という記事にて、弊社の取締役会評価の実績が紹介されました。
  • 2015年8月23日【日経ヴェリタス】「種類株の是非、トヨタが一石 - 議論2、企業が株主を選んでいいのか「ガバナンスの根幹揺らぐ」批判の声も(大論戦) 」にて、弊社 岩田のコメントが掲載されました。
  • 2015年6月9日【日本経済新聞】において、「取締役会評価 次のガバナンスを目指す企業が実施する」という記事にて、弊社が取締役会評価を行っていることが紹介されました。
  • 2015年4月号【ビジネス法務】において、弊社高山が「取締役会評価の目的・プロセス・開示」を執筆しました。
  • 2015年1月9日【Fuji Sankei Business】「ジェイ・ユーラス・アイアール集中レクチャー 女性取締役のスキルアップ」にて、弊社の女性取締役用のセミナーが紹介されました。

2014年

  • 2014年11月25日号(No.2049)及び12月5日号(No.2050)【旬刊 商事法務】にて、弊社の高山が参加した「取締役会評価」に関しての座談会の模様が掲載されます。
  • 2014年9月15日号(No.2043)【旬刊 商事法務】にて、弊社の高山が「取締役会評価とコーポレート・ガバナンス −形式から実効性の時代へ−」を執筆いたしました。
  • 2014年2月25日44ページ 【日本経済新聞】 松島みどり氏の「交遊抄」にて、弊社と高山が紹介されました。
  • 2014年2月号 【月刊 広報会議】 「社会の変化に応え企業価値をいかに高めるか」に、弊社岩田のコメントが掲載されました。

2013年

  • 2013年11月 8日 【日本経済新聞】 「高ROE銘柄、株価底堅く」に、弊社岩田のコメントが掲載されました。
  • 2013年 8月14日 【日刊工業新聞】 「JPX新株価指数、『評価する』過半数」 海外機関投資家を対象とした、当社の調査結果が紹介されました。
  • 2013年 8月 4日 【日経ヴェリタス】 「企業の情報開示、財務だけじゃない 〜先行する海外企業、コカ・コーラ、プーマ」に、弊社岩田の記事が掲載されました。
  • 2013年 秋号 Vol.78 【ジャパニーズ・インベスター】 「賢明なる投資家とは」に、弊社岩田の記事が掲載されました。
  • 2013年3月28日 【日本経済新聞電子版セクション】 海外マネーが見つめる「第4の矢」に、弊社高山のコメントが掲載されました。
  • 2013年 1月号 【月刊「企業診断】 これからの日本社会と金融 第5回(最終回)で、弊社岩田がゲストとして対談記事が掲載されました。

2012年

  • 2012年10月 5日 【Fuji Sankei Business i】 において、企業統治のコンサルを本格開始されたことが紹介されました。
  • 2012年10月 1日 【産経新聞】 Bizパーソン「取締役会をチェック、会社を変える」に、弊社代表岩田が紹介されました。
  • 2012年8月21日 【日経クイック】「『閑散』株式市場の裏側 IRの悪循環、赤字で多角化目指す証券も」にて、オリンパス事件をICGNでどう紹介されたかに関するジェイ・ユーラスの顧客向けリポートが話題になっていることが掲載されました。
  • 提携会社であるソダリ社のジョン・ウィルコックス氏のコメントが、2012年8月12日 【日経電子版】 「会社法改正案、『独立性重視』『投資リスク増す』〜識者に聞く」にて紹介されました。
  • 【月刊 広報会議】 4月号「CSR活動の効果的な発信の仕方とは?」に、弊社岩田のコメントが掲載されました。

2011年

  • 2011年12月20日号 【旬刊経理情報】「買収後のマネジメント 成功のカギは? − 海外M&Aのガバナンスはこうする」
  • 2011年11月20日 【日経ヴェリタス】 資本市場の黒子たち(下)「海外安定株主と日本企業を橋渡し」に、弊社代表岩田が紹介されました。
  • 2011年8月 2〜5日(計4回) 【日経新聞 夕刊】 5ページ 「なるほど投資講座」における『企業統治開示の最新事情』に、弊社代表岩田が執筆致しました。
  • 2011年6月17日 【日本経済新聞電子版ニュース】「日本株2.5兆円保有、OD05の正体は・・・」に、弊社岩田のコメントが載りました。
  • 2011年6月17日 【日経新聞】1面 「変わる日本の株主 アジア勢が台頭」に、弊社岩田のコメントが載りました。
  • 2011年6月 9日 【日経新聞電子版セクション】「(スクランブル) 復活するファンド勢、投資先の共通点は」に、弊社岩田のコメントが載りました。
  • 2011年4月24日 【日本経済新聞電子版ニュース】 「女性役員比率、なお世界に見劣り 35国中ワースト5位」に、弊社高山のコメントが紹介されました。
  • 2011年4月24-30日 【日経ヴェリタス】 163号 62面「ウーマノミクス 会社を伸ばす〜『取締役に女性』ROE高く」記事において、弊社マネージングディレクター高山与志子のコメントが掲載されました。

2010年

  • 2010年8月3〜13日(計8回) 【日経新聞夕刊】「目からウロコの投資塾」における『企業統治開示の新潮流』に、弊社代表岩田宜子が執筆致しました。
  • 2010年7月13日 【日経新聞夕刊】 13面 「世界最大のガバナンス団体の理事就任、高山与志子(フォーカス)」に、弊社高山が紹介されました。
  • 2010年7月8日 【日経新聞】 13面 「株主争奪 −アジア企業と新たな競争−」に、弊社代表のコメントが載りました。

2009年

  • 2009年9月28日【日経新聞】35面「マネーこの人に聞く」に、IRに対する個人の注意点と「企業の本気度を測る機会」という弊社へのインタビュー記事が掲載されました。
  • 2009年9月号日本IR協議会発行【IR-COM】「09年株主総会状況から見る今後の留意点〜IR上の問題も含めて」が掲載されました。
  • 2009年6月17日【日経産業新聞】1面「DATA FOCUS 総会、集中の訳は・・・・」に弊社のコメントが掲載されました。
  • 2009年6月13日【日経新聞】14面「逆風下のIR ―海外向け中止相次ぐ― 費用が重荷、予想非開示も―」に弊社のコメントが掲載されました。
  • 2009年6月1日【日経産業新聞】「イメージコンサルティング、トップの『見た目』、総合的に指南。」にコメントが掲載されました。
  • 2009年5月2日9日合併号【週刊東洋経済】「ディスクロージャー競争時代へ 特別講演会レポート 平成20年度上場会社表彰および東証IRフェスタ2009」に弊社代表が参加した講演会の模様が紹介されました。
  • 2009年4月30日【日経産業新聞】「業績不振時の株主総会――成長戦略、丁寧に説明を(トラブル防止虎の巻)」にインタビューが掲載されました。

2008年

  • 2008年10月23日【「仕事がわかる 広報とプレスの仕事をする」(秀和システム社 酒井富士子著)】IRのページにおいて、弊社が紹介されています。
  • 2008年10月19日【日経ヴェリタス】「IR 目利きの心得」にて、弊社代表のコメントが紹介されました。
  • 2008年9月11日【日経新聞朝刊】「『顧客を株主に』企業動く」に、弊社代表のコメントが載りました。
  • 2008年7/8月号日本IR協議会発行【IR-COM】「IRサークルの歴史」において、弊社代表の貢献が紹介されました。
  • 2008年4月号【月刊PRIR】海外IRの基礎知識「世界経済の動きを見ていかに自社の株式を売る努力をするか」
  • 2008年2月14日【日経ヴェリタスonline】スクランブル「サッポロ株、買われぬ理由」=阿部貴浩

PAGE TOP↑

2007年

  • 2007年12月10日号【旬刊経理情報】「アクティビスト・ヘッジファンドに対する早期対応ポイント」執筆
  • 2007年11月10日号【旬刊経理情報】「資本市場の声にいかに答えるか − 買収防衛策導入で求められるIR戦略」執筆
  • 2007年7月31日【日経産業新聞】「経営コンサル、どうアドバイス?――惨敗 でも続投・安倍首相、大勝の民主・小沢代表」
  • 2007年5月1日【日経金融新聞】「ジェイ・ユーラス・アイアール岩田宜子氏――IR・株主総会マニュアル(行間を語る)」
  • 2007年2月13日【日本経済新聞夕刊】「IR支援コンサルタント−企業価値、株主の目線で(ザ仕事人)」

PAGE TOP↑

2006年

  • 2006年12月【日本IR協議会IR-COM】東京IRセミナー講演「敵対的買収防衛の戦略と実務」及び「パネルディスカッション ヘッジファンド・アクティビズムとIR/議決権行使への影響」
  • 2006年10月号【季刊エクスチェンジ・スクエア(東証発行) 】公開パネルディスカッション 「株主総会で投資者から支持を得るためにどのような取り組みを行っているか」
  • 増刊日経金融新聞特集2006-I【日経広告手帖】「買収防衛とコミュニケーション 〜中計がIRという危うさ〜」
  • 2006年10月号【月刊PRIR】「海外IRについて」執筆
  • 2006年9月21日【日経産業新聞】「安部新総裁、期待度は?−経営コンサル、5項目診断(NewsEdge)」
  • 2006年9月5日【日経産業新聞】ビズテク塾 「日本企業のIRの特徴(5日間連続)」
  • 2006年8月17日【日経産業新聞】「株主を探せ5%ルールの壁(中)判明調査ビジネス広がる。」
  • 2006年7月20日【日本経済新聞】日経IRフェア特集−専門家座談会「浸透するIR経営、四半期開示の影響。」
  • 2006年7月20日【日本経済新聞】日経IRフェア特集−専門家座談会「効果的な手法探る、投資主体多様に。」
  • 2006年6月12日【日刊工業新聞】「買収防衛策導入、取締役会議では海外投資家91%が反対」
  • 2006年6月10日【FujiSankei Business i】「海外機関投資家調査 安易な買収防衛ノー」
  • 2006年6月7日【日経新聞夕刊】「IR支援会社トップ奔走 『本当の株主』調べます 重要性の認識企業に訴える」
  • 2006年6月7日【日本経済新聞】「取締役会決議で買収防衛策 海外投資家9割反対」
  • 2006年4月12日【日経産業新聞】「買収防衛へIR会社活用 意向調べ先手打つ」
  • 2006年3月28日【日経金融新聞】「ジェイ・ユーラス、海外投資家向けガイドブックを作成」〜会社法施行に対応
  • 2006年3月17日【日経金融新聞】IR会社、黒子返上――「もの言う投資家」対策、企業が期待、買収防衛策に着手
  • 2006年3月15日【日経金融新聞】ジェイ・ユーラス・アイアール、実質株主の動き把握、買収防衛へ企業に配信

PAGE TOP↑

2005年

  • 2005年7月20日【日本経済新聞】IRセミナー今夏盛ん――
  • 2005年6月30日【日本経済新聞】第2部・決算公告特集――IR活動成熟期に、問われる情報の質
  • 2005年5月25日【日本経済新聞】早稲田大学大学院アジア太平洋研究科(ビジネスボード)
  • 2005年4月〜【宣伝会議社発行月刊「PRIR(プリール)」 】「基礎から学ぶIR」 創刊号より弊社岩田宜子が執筆
  • 2005年1月8日増大号【週刊東洋経済】「群れない40代2005年に挑む経営者たち」

PAGE TOP↑

NEXT