News Release
IR Reports & News

第9回 勉強会 (早稲田大学IR プレ講座と併用)
世界のIR・ガバナンスの新潮流〜09年株主総会関連総括

セミナー主旨

世界最大の米国年金基金TIAA-CRFF(米教職員保険年金連合会・大学退職株式基金)で、議決権行使・ガバナンスの最高責任者を務めたジョン・ウィルコックス氏(現ソダリ社会長)をメインスピーカーとしてお招きし、世界のIRおよびガバナンスの最新動向をご紹介するセミナーを開催することになりました。

本年の株主総会では、株主提案の数こそ減りましたが、水面下では熾烈なディスカッションが繰り広げられました。この背景には、海外はもちろん国内の機関投資家による日本企業のガバナンス体制に対する関心の高まりがあります。そのような中、IR担当者の皆様には、資本市場では何が重要な問題となっているのか、その理由は何なのか、投資家は企業に何を求めているのか、それをどのようにIR活動に反映させていけばよいのか、等のさまざまな課題にどう対処していかなければならないか、お考えのことと存じます。この度のセミナーでは、ガバナンスの新潮流の解説に加えて、本年の総会に見られた具体的な事例をふまえながら、IR実務上の対応についてもご案内いたします。

また、現在、日本企業や機関投資家の間では、セルサイドアナリストの役割・性格の変化について、議論が高まってきております。セルサイドでは何が起こっているのか、企業にとって最も重要なIR対象者である機関投資家は、そのようなセルサイドをどう見ているのか、このような状況変化についても、バイサイドのシニアアナリストを長年務められた青山学院大学の北川教授より、ご講演いただきます。

早稲田大学とのジョイントでのIR講座の開講も今年、6年目を迎えました。当セミナーは今年の講座開講のプレ講座としての位置付けでもあり、講座責任者でもあります早稲田大学 花堂靖仁教授にも当日ご出席いただくことになりました。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

議論のテーマ

  1. 世界のガバナンスの新潮流〜何が起きているのか、日本企業への視線は厳しくなっているのか
    ジョン・ウィルコックス 氏  Sodali Ltd. 会長
  2. 最近のIR動向 〜セルサイドアナリストの役割の変化とバイサイドに向けたIR
    北川 哲雄 氏 青山学院大学 教授
  3. 2009年株主総会の総括―キーワードは少数株主保護、ガバナンス、経営力
    岩田 宜子 弊社代表取締役
  4. 株主総会に見る具体的なIR・ガバナンスの問題例
    高山 与志子 弊社マネージング・ディレクター


開催要領

開催日時:
2009年7月17日(金) 14:00〜17:15
会場:
早稲田大学 日本橋キャンパス (大学院ファイナンス研究科)
東京都中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋5階 教室9
定員:
50名(先着順)
参加費用:
資料代等実費としてお一人様 2,000円

 

勉強会のこれまでの実績はこちらをご覧下さい。

* * * * * * * * * *

詳細は、info@j-eurusir.com あるいは弊社 小松 (Tel. 03-3512-0907) までお問い合わせ下さい。

以上

(2009/10/26)

[ TOP ] [ Latest Reports | News Release | J-Eurus News Letter | メディア掲載情報 ] [ J-Eurusからのご提案 | IRプログラム構成 ]
[ J-Eurus IRについて | 会社概要 | Our Team | 本社地図 | 推薦書 ] [ Site Map ]